結婚ブライダル情報

スポンサードリンク

英語で結婚式のスピーチ


グローバル化が進む現代、国際結婚も珍しくなくなりました。
知人に旦那さまがアメリカ人、奥様が日本人というご夫婦がいます。
2人はアメリカに永住することを決めたのですが、結婚式はアメリカと日本それぞれの場所で行うということになりました。
アメリカで披露宴をした後、何ヶ月か後に日本に行ってまた披露宴を行う、といった感じにしたいそうです。
そこでもし、
「結婚式のスピーチ、英語と日本語で2回、おねがいできないかな?」
と言われてしまったら?

英語でスピーチ!?
とんでもない!
日本語ですら、上手にスピーチできるかわからないのに!

そう思って慌ててしまうのは当然のことでしょう。
しかし、大切な友人の頼みです。
断るわけにはいかないし、心を込めた言葉でお祝いをしてあげたいですよね。

そんなときに使える英文の祝福のフレーズを集めてみました。

★May your wedding day be a new beginning to everlasting happiness.
(今日のこの日が永遠に続く幸福の始まりとなりますように!)

★Wishing you both all the happiness today and always.
(今日、そしてこれからの日々もずっと、お二人が幸せでありますように!)

★May this joy last forever .Congratulations!
(この喜びが永遠に続きますように。おめでとうございます!)

★Wishing you a loving and joyful life together.
(愛と幸せに満ちた日々をお2人で作っていけますように!)

★Wishing you both everlasting love and togetherness.
(お2人の永遠の愛と絆をお祈りします。)

★Congratulations! and heartfelt wishes for a very happy marriage!
(おめでとうございます!幸せな結婚を心からお祈りします!)

★Wishing you love,luck and happiness forever.
(お2人の幸福が永遠でありますように!)

是非、これらを参考にして、結婚式での英語のスピーチにチャレンジしてみてください。

結婚式の披露宴の基本例文


結婚式や披露宴でスピーチをする場合、基本の3つの構成をおさえればきれいに話をまとめる事ができます。

3つの構成とは

1.新郎新婦へのお祝いの言葉と簡単な自己紹介
2.新郎新婦にまつわるエピソード(二人のなれそめやそれぞれの良い人柄がわかるような話等)
3.結びの言葉とまとめ

というのが基本です。

基本構成がわかっていても、結婚式や披露宴に出席するのが初めてであればどんな言い回しが良いのかもわからない事もあるかもしれません。
そこでこの3つの構成に対する基本的な例文をご紹介します。
結婚披露宴のスピーチの王道ともいえる例文ですので覚えておくと今後便利です。

1.新郎新婦へのお祝いの言葉と簡単な自己紹介

例)□□さん○○さん。ご結婚おめでとうございます。私は新郎の□□さんが勤務する会社で同期で一緒に働いている△△と申します。

2.新郎新婦にまつわるエピソード(二人のなれそめやそれぞれの良い人柄がわかるような話等)

例)二人のなれそめに関わっていればそういった話や職場の関係者であれば新郎新婦の良い人柄を思わせる仕事ぶりに関する話等、新郎新婦の良いイメージにつながる話を柔らかく話します。

3.結びの言葉とまとめ

例)お二人の末永い幸せを心からお祈り致しまして、私からのお祝いの言葉とさせて頂きます。本日は本当におめでとうございます。

今日のこの感激をいつまでも忘れる事なく、二人協力しあいながらいつまでも仲の良い夫婦でいて下さい。本日は誠におめでとうございます。

お祝いのスピーチはこの基本構成でカンペキです。

結婚式で主賓として招待された場合のスピーチ


会社勤めも長くなり、昇進等で社会的地位があがってくると、結婚式で主賓として招待される機会も増えてきます。
中には自分が直属の上司でなく、自分の部下の部下といったようなあまり付き合いのない部下の結婚式に招待される場合もあります。

主賓として結婚式の披露宴に列席すれば、当然スピーチする場があります。
関係が薄いからといっても主賓として列席する以上は印象の良いスピーチにできるよう心がけましょう。

新郎新婦を知っているような場合であれば二人との関係を自己紹介しながら、二人の仕事ぶりや人柄、職場での最近の様子やエピソード等を交えてスピーチすれば良いでしょう。

そうでなくつながりが薄く新郎新婦をよく知らない場合のスピーチは、新郎新婦をよく知っている直属の上司や同僚などにあらかじめスピーチに使えそうなエピソード聞いておき、それをまとめれば良いと思います。

または結婚式の当日、披露宴会場での新郎新婦の様子を見ておき、自分が感じた事を付け加えても良いでしょう。

主賓のスピーチは、披露宴が始まり仲人のスピーチの次に組まれている事が大半です。

祝宴の始まりの重要な位置を占める一番最初のスピーチでもありますので、披露宴会場が和やかな雰囲気に包まれるような楽しい内容のスピーチにするのが好ましいでしょう。

主賓だからと張り切って長いスピーチを考えると、盛り上がりの部分に欠けるまとまりのないものになってしまいがちです。
また新郎新婦をよく知らない場合、褒めておけばいいだろうと賞賛の言葉ばかり並べてもとってつけたようなスピーチになってしまいます。

簡潔に3〜4分程度にまとめ、人生や結婚生活の先輩としてアドバイスを与えられるようなスピーチが好印象です。
スポンサードリンク