結婚ブライダル情報

スポンサードリンク

結婚式の披露宴のスピーチの注意


結婚式の披露宴のスピーチでは、縁起が悪いものとして使ってはいけない言葉があります。
「忌み(いみ)言葉」といって、普段の生活で使う分には何の問題もない言葉でも、結婚式等のおめでたいお祝いの席のスピーチでは使う事を慎むのがマナーとされる言葉です。

日本語は難しいので、そのまま使ってしまうと忌み言葉となる言葉でも言葉を換えて使う事で大丈夫なものもあります。

一般的に忌み言葉とされるものをまとめてみますので、結婚式等でスピーチを依頼された場合には参考にして下さい。

◆忌み言葉とされる言葉

 ・別離(離婚)を連想させる言葉

  別れる・切れる・離れる・失う・出る・放す・逃げる・割れる・戻る・破れる・飽きる・去る・冷える等

スピーチの最後に「これでお祝いの言葉を終わります」というと、「終わる」が忌み言葉となりますので、「お祝いの言葉と換えさせて頂きます。」などといったように置き換えます。

また「最後になりますが..」の「最後」も忌み言葉です。「結びになりますが..」と置き換えましょう。

 ・人の不幸や不吉をイメージさせる言葉

  褪せる・滅ぶ・しまう・裂く・嫌う・倒れる・泣く・苦しい・とんでもない・壊れる・九・四・散る等

 ・再婚をイメージさせる言葉

  繰返し・なおまた・再度・ではまた・繰返す・再び・再三等

 ・重ね言葉

  さいさい・たびたび・ますます・重ね重ね・いろいろ・たびたび・またも・みなみな様・なおも・くれぐれも等

まだまだ他にもありますが、こういった言葉は日頃からスピーチの際に用いないように意識する事が重要です。

以前ほど忌み言葉は気にするものではなくなってきてはいますが、やはり結婚式は新郎新婦の門出を祝う場ですので縁起の悪い言葉は極力控えるようにしましょう。

結婚式のスピーチの注意


結婚式のスピーチはいろいろとあります。
最近は結婚式の形式もいろいろとあり、これと言ったきまりはないようには思えますが、結婚式のスピーチは新郎新婦と、どんな間柄でも守らなければならないルールというものもあります。
この結婚式のスピーチを守れば新郎・新婦・両家の親族、そして来賓の方々等に失礼なスピーチとはならないので、ぜひ守ってここちよいスピーチとなるようにしてください。

まず、スピーチの時間はきちんと守ることです。
長々とスピーチしてしまうのはしまりがなく、言っているほうもなにがいいたいのかまとまっていない、聞いているほうはなにを聞いていのやらと困ってしまうものです。
また、式の進行にも差し支えがある場合があります。
ですから、スピーチは端的にまとめるようにするのがコツでもあり、きまりです。

結婚式のスピーチの内容で使うことわざや格言、言葉は、きちんと意味を調べてから使うようにしましょう。
よく知っているかと言って本当の意味を間違えて使っていたりすることは多々あることです。

うっかり使ってしまって、お祝い事には向かない内容、言葉だったりすると大変なことになります。
一生に一度の結婚式ですから、もう一度はないのですから、きちんと調べてからスピーチをするようにしましょう。

結婚式用のスピーチの言葉もインターネットで検索するとすぐにわかりますので、手間を惜しまず調べていい言葉を捜してみるといいですね。
下調べするほうがふさわしいよい言葉も見つかるでしょう。

結婚式の乾杯の音頭のスピーチの文例


結婚式の披露宴で行う乾杯の音頭をとる場合の流れは次のようなものが一般的です。

司会者から乾杯をする旨の案内と説明を受ける

新郎新婦をはじめ、列席者全員が起立する

新郎新婦、列席者全員がグラスを手に取る(シャンパンの場合がほとんど)

依頼を受けた列席者の代表が乾杯の音頭をとる

代表者の「乾杯!」の掛け声に続き列席者も「乾杯!」と唱和し目線の高さ程度にグラスを揚げる

自分の周囲の人と軽くグラスを当てるか近づけてからグラスに口をつける(飲む形だけでもOK)

グラスをテーブルに置き新郎新婦に向い拍手する

結婚式の披露宴で乾杯の音頭をとる際のスピーチは短くスッキリと以下のような感じにまとめます
これに自分の思いなどを少し付け足すなどしても良いでしょう。

◆スピーチ例1

「ただいまご紹介に預かりました××でございます。

はなはだ僭越(せんえつ)ではございますが、ご指名を頂戴しましたので、乾杯の音頭をとらせて頂きます。

新郎新婦の末永いお幸せと、ご両家並びにご臨席の皆様方のご多幸とご繁栄をお祈り致しまして、乾杯を致したいと存じます。

では、ご唱和をお願いします。
お二人とご両家のお幸せを祈念致しまして「乾杯!」

どうもありがとうございました。」

◆スピーチ例2

「ただいまご紹介に預かりました××でございます。○○君、○○さん本日は誠におめでとうございます。

僣越ではございますが、ご指名により乾杯の音頭をとらせて頂きます。

では、ご唱和をお願いします。
お二人のご結婚を祝し、末永き幸福と○○家、□□家のご両家の幾久しいご繁栄をお祈りしまして「乾杯!」

どうもありがとうございました。」
スポンサードリンク