結婚ブライダル情報

スポンサードリンク

結婚式スピーチで使える名言


結婚式。
それは新郎新婦の新しい人生の出発です。
今まで違う環境で育ち、生きてきた2人がこれからは“家族”として新たな人生を歩みだすときです。
もし、友人や会社の同僚、または部下に結婚式のスピーチを頼まれたら、素敵な言葉で祝福してあげたいですよね。
しかし、どんな言葉で祝福、そしてエールを送るのか。
スピーチの経験がある人でも、悩んでしまいますよね。

そのような時に偉人たちの言葉を引用してみるのもいいのではないでしょうか。
下に、結婚式のスピーチを行う際に使えそうな名言を載せておきます。

★愛しあうということは、全てを成し得るということだ。(チェーホフ)
★家を整えずに天下を治めることはできない。(フォード)
★良き妻と健康は男にとって最良の財産である。(ジョン・レイ)
★家庭に平和を見い出すものは、君子であると凡人であるとを問わず、最も幸福な人間である。(ゲーテ)
★結婚とはすべての文化の始まりであり、頂上でもある。(ゲーテ)
★夫婦生活は長い会話である(ニーチェ)
★愛情には一つの法則がある。それは愛する人を幸福にすることである。(スタンダール)
★険しい山を登るには最初にゆっくりと歩くことが必要である。(シェイクスピア)
★良き妻とは、良き夫によって作られる。(バートン)
★理解しあうこと自体は、大したことではない。必要なのは魂と魂の抱擁だ。(ジッド)

これらの名言をスピーチの中に盛り込み、新郎新婦の新しい人生のスタートを祝福してみるのはいかがでしょうか。

結婚式のスピーチの言葉


結婚式のスピーチは、新郎新婦への最大の贈り物ですが、言葉によってはふさわしくない言葉とされている言葉が多くあります。
意外と知られていないので、少しご紹介します。
結婚式のスピーチのときに注意する忌み言葉では、飽きる、あせる、薄い、終わる、浅い、帰る、返す、かさねがさね、重ねる、悲しむ、嫌う、切れるなどがあります。

終わるや切れるという言葉はよくないとみんなが知っている言葉ではありますが、かさねがさねや重ねるという言葉も忌み言葉とは知られていないこともありますね。
また、他の忌み言葉には、去る、たびたび、壊れる、とんでもない、ではまた、流れる、冷える、放れる、再びなどがあります。
これがすべての忌み言葉ではないので、スピーチ原稿ができたら、言葉は適切か今一度調べてからスピーチ内容を検討しましょう。
これらの言葉は何気なく使ってすることが多いので結婚式のスピーチでは言い換えなければなりません。

そこで便利な言い換えのテクニックを紹介しますと同義語に言い換えることが、忌み言葉を避けることになります。

その例としては終わりになりましたがを結びにとか、帰るを帰宅する、帰省するなどと視点を変えて言い換えるとうまく表現できるようになります。

その他の例では家を出るは一人暮らしを始めて、などとすると結構言葉が浮かんでくると思います。
このテクニックを知っていれば、それほど悩むこともないと思うので参考にしてみてください。

結婚式のスピーチ例文


結婚式のスピーチの例の一般的なものをここで挙げておきましょう。

麻耶さんおめでとうございます。

学生時代から、25歳までには結婚するわと宣言されていたあなたのことですので、結婚式のご通知をいただいたときも、そんなにおどろくことはなかったのですが、あなたのうれしそうな顔がまず頭にうかびました。
そして今日、私も麻耶さんの笑顔を見てとても幸せな気持ちになりました。

皆さまご覧のように、麻耶さんはとても美しく箱入りのお嬢様のようですが、芯はとてもしっかりとなさっておられ私など、いつもいろいろと教えていただいたり、その心がけに感心することばかりでございました。

お料理をおいしく作るコツは、材料の味を消さずにその持味を生かすことと、作る人の愛情によるといわれております。
麻耶さんはお料理がお得意でその麻耶さんがこれから作る食卓に、いろいろなお料理がならべられることと思います。
きっと盛りだくさんの料理、つまり愛情が食卓、家庭に盛られることと思います。
お料理の上手な奥さんと一緒になられた田中さんは一生みのり豊かな女性を妻とされたのでございますから、まことにおめでたいと思います。

どうもはしたないことばかり申し上げましたが、どうぞ味のよい奥さまを大切に、末長くお幸せでいらしてください。

本日はお招きをありがとうございました。

このように要点だけ書きましたが、結婚式スピーチを頼まれる程の仲のあなたなら、結婚する二人のためにも素敵なスピーチが書けるはずですので、ぜひ思い出になるスピーチをしてくださいね。
スポンサードリンク