結婚式の乾杯スピーチ - 結婚ブライダル情報

スポンサードリンク

結婚式の披露宴での乾杯のスピーチ


結婚式の披露宴では大抵披露宴の冒頭部分で乾杯があります。
この結婚式の乾杯では、列席者の中の誰かが代表して乾杯の音頭をとります。

結婚式の披露宴で乾杯の音頭をとるのは、一般的には新郎新婦の勤務先の上司や学生時代の恩師、親戚といった目上の方に依頼する事が多く、主賓格かそれと同等のレベルの列席者の人が行うのが基本的なパターンです。

乾杯の音頭をとる際には、一言二言程度のスピーチを始めに付け加えるのが通常です。
この結婚式の披露宴の乾杯の音頭をとるのを依頼する場合、気をつけるのは依頼する人に対し乾杯の音頭である事をきちんと伝えておかなければいけません。

これを伝えておかず、依頼された側が通常のスピーチだと思ってしまうと、3分から5分の間列席者は全員立ってグラスを持ったままそのスピーチを聞かなければいけなくなってしまいます。
列席者は全員が若く健康な人ばかりではありません。
それに中には乾杯の音頭にしては長いスピーチに閉口しグラスを置いてしまう人も出てしまいます。
こういった事にならないようにスピーチの依頼はその目的をきちんと相手に伝えるようにしましょう。

もしも乾杯の音頭をとる人に同時にその場でスピーチもしてもらいたいという場合には、あらかじめその事を司会者に伝え、スピーチしている間は列席者には座って聞いてもらい、音頭をとる時に全員に立ってもらい乾杯するといった流れにするとスムーズにいくと思います。

結婚式の披露宴での乾杯の音頭に付け加えるスピーチは、立ってグラスを持ったまま聞く列席者の事も考え30秒から1分程度でまとめるようにしましょう。

結婚式での乾杯のスピーチ


「それではご列席の皆様、ご唱和下さい! かんぱーーーい!」

慌ててガタガタと立ち上がる列席者。
中には座ったままの人も・・・。

列席者が起立するまえに乾杯の発声をしてしまって、列席者が慌てて立ち上がる。
こんな光景、結婚式でみたことはありませんか?


会社での肩書きが上がるにつれて結婚式のスピーチを頼まれることも多くなるのではないでしょうか。
スピーチにも色々ありますが、部下の結婚式の場合、乾杯のスピーチを頼まれることも少なくないと思います。

乾杯のスピーチは通常、新郎側の列席者の主賓の次席の方が行うことになっています。
たとえば、もし新郎側の主賓が会社の方たちであり、主賓が社長だとしたら、乾杯の音頭をとるのは副社長以下といったことになります。

さて、乾杯のスピーチはどのようにしたらいいのでしょうか?

結婚式の乾杯のスピーチの場合、とにかく短く要点や新郎新婦のエピソードだけをまとめて話し、乾杯の発声をするのがよいでしょう。
あまりにも長く話しすぎると「やっと食事ができると思ったのに・・・早くしてくれよ?!」などと思う人もいます。

時間としては1分か、長くても2分がよいと思われます。
短く1分か2分程度の挨拶をした後、司会者の「それではみなさまご起立下さい」の合図の後、列席者が全員起立したのを確認してから乾杯の発声をします。


列席者の起立を待たずに乾杯の発声をしてしまうという他にも、グラスを持たずに手だけ上げて乾杯の発声をしてしまった、などというミスも多々あるようです。

緊張をほぐすために乾杯のスピーチの前には深呼吸してリラックスを心がけて臨みましょう。

結婚式の乾杯の音頭のスピーチの文例


結婚式の披露宴で行う乾杯の音頭をとる場合の流れは次のようなものが一般的です。

司会者から乾杯をする旨の案内と説明を受ける

新郎新婦をはじめ、列席者全員が起立する

新郎新婦、列席者全員がグラスを手に取る(シャンパンの場合がほとんど)

依頼を受けた列席者の代表が乾杯の音頭をとる

代表者の「乾杯!」の掛け声に続き列席者も「乾杯!」と唱和し目線の高さ程度にグラスを揚げる

自分の周囲の人と軽くグラスを当てるか近づけてからグラスに口をつける(飲む形だけでもOK)

グラスをテーブルに置き新郎新婦に向い拍手する

結婚式の披露宴で乾杯の音頭をとる際のスピーチは短くスッキリと以下のような感じにまとめます
これに自分の思いなどを少し付け足すなどしても良いでしょう。

◆スピーチ例1

「ただいまご紹介に預かりました××でございます。

はなはだ僭越(せんえつ)ではございますが、ご指名を頂戴しましたので、乾杯の音頭をとらせて頂きます。

新郎新婦の末永いお幸せと、ご両家並びにご臨席の皆様方のご多幸とご繁栄をお祈り致しまして、乾杯を致したいと存じます。

では、ご唱和をお願いします。
お二人とご両家のお幸せを祈念致しまして「乾杯!」

どうもありがとうございました。」

◆スピーチ例2

「ただいまご紹介に預かりました××でございます。○○君、○○さん本日は誠におめでとうございます。

僣越ではございますが、ご指名により乾杯の音頭をとらせて頂きます。

では、ご唱和をお願いします。
お二人のご結婚を祝し、末永き幸福と○○家、□□家のご両家の幾久しいご繁栄をお祈りしまして「乾杯!」

どうもありがとうございました。」
スポンサードリンク