結婚式のスピーチの前に - 結婚ブライダル情報

スポンサードリンク

結婚式のスピーチをうまくまとめるコツ


結婚式の披露宴のスピーチは何人かの方が依頼されます。
お祝いしてあげたい気持ちからくるものでしょうが、あまり一人で長々と話すのも考え物です。

面白おかしくスピーチをして場を盛り上げようとする意図が感じられる方もいらっしゃいますが、それもあまりにも中身が薄かったり、ギャグを盛込みすぎるとかえって場がシラけてしまいます。
それに両家のご両親や親族に対し失礼になってしまう事もあります。

舞い上がりすぎて支離滅裂なスピーチにならないようにうまくまとめるコツはどういったところにあるのでしょうか。

新郎新婦に喜んでもらえて、列席者にも好印象を与える結婚式の披露宴のスピーチはこんな感じにまとめるとすっきりしたものになります。

結婚式の披露宴のスピーチの時間は、大体3分程度、長くても5分位にはまとめます。
聞く側がもうちょっと聞きたいと思うくらいの感じでまとめるのがポイントです。

そして紹介したいエピソードがいくつもあったとしても、あれもこれもと話していてはまとまりがないスピーチになってしまいます。
たくさんあるエピソードの中で「これは」と思うものを1つか2つ選んで簡潔にまとめましょう。

話の進め方としては、「○○さんとの懐かしい思い出はたくさんありますが、中でも一番思い出に残っている事は(1つめ)です。
また、こんな出来事もありました。(2つめ)」といった感じになります。

結婚式の披露宴のスピーチを組立てる時は、それぞれの骨組みを1分ずつ程度にまとめ、それに少しずつ肉付けをしながら全体が3分程度におさまるようにまとめると上手くいきます。

結婚式のスピーチの練習


結婚式のスピーチができあがったら、今度は読む練習をしましょう。
原稿は持参でもかまいませんが、やはり読むという形よりは伝えるという形でなるべく原稿がないようにしてスピーチをしたほうがいいでしょう。

そして、スピーチをしながら途中で言葉につまずいたり、失言したりということがないようにしっかりと練習することが大切ですね。

また、結婚式のスピーチで大切なのは、話すスピードです。
せっかくの内容も早口では誰にもわかりません。

早口で上手にしゃべれたとしても、人にはなにもわからなったわと言われてしまう可能性のほうが大きいですから、ゆっくりすぎるぐらいかなと思うぐらいのスピードでスピーチの練習をしてください。
やはり、結婚式は大人数の来賓の中でしゃべるので、いくら慣れている人でもやはり、上がってしまうということは多々あることです。
しっかりと聞いてもらうためには、しっかりとしたしゃべり方というものが必要です。

そして、スピーチを話す姿勢も大切です。
きれいに立つということもなかなかむずかしく、たとえ3分でも立っているということに慣れない私たちはつい姿勢も崩れてしまいます。スピーチの練習をするときは立って練習をするといいでしょう。

女性ならばできれば、当日はくヒールでスピーチの練習をするとなおいいでしょう。
実際の結婚式と状況を同じにすると当日のスピーチで上がってしまうということがないでしょう。

もちろん、話すという以外にもお辞儀などの立ち振る舞いすべてが美しくなるようにしましょう。
結婚式ですから場にふさわしくするということも大切な礼儀です。

結婚式のスピーチの原稿の書き方


今や結婚式もさまざまですが、結婚式のスピーチのきまりもひとつではないのですが、スピーチの基本構成というものをマスターしておきましょう。

まず、結婚式のスピーチの最初は初めのあいさつをします。
これは祝福の言葉、簡単な自己紹介(自分と新郎新婦の間柄等)を行います。
来賓の方々にあの人は誰?と思わせてしまうのではいけないので、まず自分のイメージを印象づけましょう。
スピーチは最初のイメージが大切ですから、最初の短時間でアピールすることは大切です。

次にエピソード等のスピーチの中心となる話をします。
この内容には新郎新婦の人柄やエピソードを盛り込んだりして、新郎新婦がどのような人かということ伝えます。
結婚式で新郎新婦が自分のイメージかを伝える場合がないときは、ここでどんと代わって新郎新婦を紹介しておきましょう。

そして、結びのあいさつです。

新郎新婦へのはなむけの言葉や激励などをして最後の結びの言葉を入れます。これが一般的な結婚式のスピーチの構成になります。
できれば、新郎新婦と事前に打ち合わせしておくといいと思います。

いろいろな人たちがスピーチをするのでしょうから、なるべく内容が重ならないほうがいいと思いますのでできる限り打ち合わせをしておきましょう。

もし、できない場合はエピソードなどはいくつかパターンを作っておくといいかもしれません。
当日内容が重なってしまった場合は違う内容も用意しておくと、より心のこもったスピーチとなることは間違いありません。

結婚式のスピーチを失敗しない為に


結婚式の披露宴でスピーチを依頼される場合、大抵がその場で急に依頼されるという事はありません。
結婚式当日までにはしっかりと準備期間がある場合がほとんどだと思いますので新郎新婦の為にもしっかり準備をしましょう。

スピーチの構成や話す内容を考え、何度も練習をして結婚式の当日を迎えても、いざその時になって大勢の列席者の注目を浴びると頭の中が真っ白になってしまい、しっかりと練習をしたはずのスピーチの内容もどこかに飛んでいってしまう場合があります。

そういった事がないように構成や内容を考えたものは下書きにまとめておく事をオススメします。
下書きをすると、たとえ本番のスピーチの時にそれを見なくても、ある程度の流れが頭に入ると思います。

話の中心となるテーマをしっかりと決めて頭に入れ、紹介したいエピソードも長くなって焦点がぼやけてしまわないように内容を絞り込んでおくようにしましょう。

エピソードを紹介するのは、あくまでもそれが目的ではなく、新郎新婦の人柄を伝えるという結論を引き出す為の足がかりにすぎません。
起承転結を考え、スムーズに結論につなげる事ができるように簡潔にまとめるようにしましょう。

その為に結論を始めに言ってしまうのも方法のひとつです。
「○○さんは□□さんを必ず幸せにします。」と言うと聞く人の関心を引きつけます。
その後で「それはなぜかといいますと..」と続けるのです。

でもそうしてしっかりと準備をしていたつもりでも、人間ですから緊張して頭が真っ白になってしまう事はあると思います。

どうしても言葉が出てこなくなってしまった時には、焦らず「本日は本当におめでとうございます!お幸せに」と新郎新婦を祝う気持ちを伝えれば、それだけでも心のこもったスピーチとなるはずです。

結婚式のスピーチで緊張しないためには


「先輩、ちょっとお願いがあって、僕の結婚式のスピーチお願いできないでしょうか?」

「なにいってんだよ?!俺に任せておけよ!お前の晴れの門出に相応しいスピーチ、用意しといてやるからな!」

・・・・と豪語したものの、ちょっと待てよ、実は極度のあがり症。スピーチだって!?とんでもない!

いや、ここは断るわけにはいかない・・・・いや、でも、人前でうまく話せずに恥をかいてしまったら・・・!?

ああ、一体どうしたらいいんだ!?



みなさん、こんな経験ありませんか?

結婚式は新郎新婦にとって人生で最大のイベントと言っても過言ではありません。大勢の人が列席する中でのスピーチ、程度の差こそあれ、誰でも緊張してしまいますよね。

では、結婚式でのスピーチ、緊張せずに成功させるにはどのようにしたらよいのでしょうか。ここではそのコツをお教えしたいと思います。

まず前もって話す内容を紙にまとめておきます。

それを結婚式の当日まで声に出しながら練習してみましょう。暗記をする必要はありませんが、文章をなめらかに声に出せるところまで練習したら、今度は結婚式の当日、自分が大勢の人の前でスピーチすることをイメージして練習してみましょう。イメージトレーニングをすることによって人の脳はイメージと現実を錯覚してしまうことがあるそうです。これを上手に利用することによって現実 (結婚式当日 )もイメージのようにスピーチができるというわけです。

また、鏡の前に立って練習をすることもとても効果的でしょう。自分の姿を客観的に見れば自分のクセ (あがってしまうと変な動きしてしまう人いますよね?) も確認できます。
そして何よりも、堂々とスピーチをする自分の姿を鏡で確認することによって、それが自信にも繋がるのです。

さあ、準備は整いましたね。

当日、スピーチの直前、最後に肝心なのが深呼吸。
深呼吸したって緊張なんかほぐれないよ、などと思っている人いませんか?しかし深呼吸は実はとっても大切なのです。

体と心の緊張をほぐすために心療内科などの診察において呼吸法は多く取り入れられています。
深く息を3回するだけでもあなたの心と体は確実に変わるのです。

「先輩、スピーチとってもよかったです!俺、ちょっと感動しちゃいました。やっぱり先輩に頼んでよかったなぁ」

「おう、当たり前だろ!」

こんな会話が結婚式後にできるように、ここで紹介した方法、みなさんも試してみてはいかがでしょうか。

結婚式のスピーチのときの姿勢


結婚式において、スピーチで話すスピードというのはとても大切なことですが、その姿勢ということも大切なことです。

いくらしっかりと話をしても、結婚式当日にポケットに手を入れながらのスピーチなど、日ごろ非礼にはあたらないかもしれないが、そのような公な場ではしてはいけない癖というものを持っている人がいますので気をつけたいものです。
このような姿勢は他の人から見てもみっともないと感じられ、人にとっては不快感を与える場合もあります。

また、なかなか立って話すということに慣れていない人は多く、むやみやたらに体が動く人、片足だけトントンと動かす人と普段慣れないことをすると、人はときにはおかしな行動を起こしてしまう場合もあります。
それがたとえ自分では意識していなくても、体を動かしてしまうことってありますよね。

それは、頭の中はスピーチの文章でいっぱいで、体のほうがその心配ごとを表現してしまっているからです。ですから、全く自分ではわからないうちに体が勝手に動いてしまっているのです。

結婚式のスピーチでこのような姿勢や行動を起こさないためには、しっかりとしたスピーチの練習で補いましょう。

練習を何回も何回もすることにより慣れ、安定などが身につきますので練習をすることはとても大切です。

自分でしっかりと立ち振る舞いのイメージを頭の中に入れて、そして入れながらスピーチをする練習をしましょう。
できれば、誰かに聞いてもらい、おかしいところや姿勢を指摘してもらうといいでしょう。
スポンサードリンク