結婚式のスピーチ基礎知識 - 結婚ブライダル情報

スポンサードリンク

結婚式のスピーチを友人に頼む場合


結婚披露宴は多くの出席者の方から新郎新婦に対しお祝いの言葉が送られます。
親族の方や、職場の上司や新郎新婦とのつながりも様々な方からのスピーチがあります。

新郎新婦にとっては結婚式でスピーチを依頼するのに一番悩むのは友人に頼む場合ではないでしょうか。

場慣れした話し上手の友人がいれば何の問題もなくその友人に頼めば済みますが、物静かであまり進んで人前には出ないような友人が多い場合には、自分の結婚式でスピーチを頼む事が相手に負担を与えてしまうのではないかと心配になります。

そういった場合には、頼む友人にプレッシャーのかからないようなスピーチの仕方を設定してあげるとよいと思います。

親族や職場の上司のスピーチに比べ、友人からのスピーチは結婚披露宴の場が和むようなものが喜ばれるようです。

たとえば最近は仲人を立てずに結婚式を挙げるカップルも多いですね。
そういった時には、通常仲人さんがするべき新郎新婦それぞれの紹介(生い立ち等)を友人にしてもらうというのもひとつの方法だと思います。

できている原稿があれば、頼まれた友人側もプレッシャーなく応じる事ができるのではないでしょうか。
新婦の紹介を新郎の友人が、新郎の紹介を新婦の友人が行うというのも面白いアイデアだと思います。

また新郎は新婦に対して、新婦は新郎に対してそれぞれに宛てた手紙をあらかじめ書いておいてもらい、それをスピーチで発表するというのはどうでしょうか。

新婦が両親に宛てた手紙は結婚披露宴の定番ですが、本人同士に宛てた手紙というのは変わった趣向でうけると思います。

結婚式のスピーチの時間


結婚式のスピーチで、話す時間はどれくらいだろうかということからスピーチの内容が決まりますね。
一般的にスピーチの時間目安としては、だいたい3分から5分程度とされています。
もちろんこれより長くてもいいですが、400字詰め原稿用紙でだいたい5枚以下ということになります。

400字詰め原稿用紙1枚で話しをすると長さはだいたい一分程度になります。
原稿用紙5枚もと思われるかもしれませんが、これはゆっくりスピーチしての長さになりますから、もっと早口の方は原稿量が多くなります。
結婚式のスピーチは長いと周りが飽きてしまうということが多いのが現状です。
そうかと言ってあまり短いものでもよくはありません。
えっ、あの人何を話したの?と思われてしまうだけですから、できれば予定の時間ちょうどのスピーチにしましょう。
できれば、少し短めかなと思う程度がほどよい時間とされています。

人の集中は最初の10分とされていますし、結婚式の中ではなかなかみんなが集中して聞いているという場合ばかりではありません。

結婚式でスピーチするほうも、お願いするほうも、結婚式のスピーチは感動的なものがいいと誰もが思うでしょうが、自分の感じていることをゆっくりと、そして明るく話しをすればそれだけで素敵なものになります。

素朴なスピーチっていいと思いませんか?

ですから、内容よりは、話し方やスピーチの時間で印象づけが変ってくるので、その点を結婚式のスピーチで注意すればきっと想いが伝わるスピーチになると思います。

結婚式のスピーチの基本


結婚式は結婚する当人とそのご家族にとって晴れの門出となる記念すべき日です。
出席する親族や知人は心から二人の幸せが永遠に続く事を祈ってあげたいですね。

結婚式や披露宴は、普通に招待客として式に出席する分には何の問題もありませんが、歌やスピーチを依頼されるととても緊張するものです。
何をどう話そうか本を買い込んだりして一生懸命研究する方も多いのではないでしょうか。
そこで結婚披露宴のスピーチの基本的な組立て方を説明します。

結婚披露宴のスピーチは短すぎず長すぎず、3分程度を目安にして原稿を考えるのが良いと思います。
順序立てて考えていくと、スピーチを考えるのはそこまで難しいものではありません。

1.新郎新婦と両家へのお祝いの言葉と簡単な自己紹介

まず始めには当人である新郎新婦、そしてその両家のご両親と親族の方に向けお祝いの言葉を述べます。
その後に自分が新郎新婦とどういったつながりがあるのかを簡単に自己紹介します。

2.新郎新婦にまつわるエピソードや人柄がわかるような話

結婚式の主役である新郎新婦を褒めて持ち上げるような話をするのが基本です。
新郎側は新婦を、新婦側は新郎をどんな人なのかわからない出席者も中にはいます。
良い人柄を思わせるようなエピソード等を取上げて簡潔にまとめましょう。

3.まとめ

新しい生活をスタートさせる新郎新婦に対する激励の言葉で話しを結び、最後にもう一度お祝いの言葉を添えて締めくくります。

この3つをおさえておけば、まとまりの良いスピーチになります。

結婚式のスピーチとは


結婚式のスピーチはどんなことを話そうかいろいろと迷ってしまいますね。

最近の結婚式は仏式、神式以外に人前などといろいろな形式があるので、披露宴というものもあまりこだわりというものがなくなってきてはいるものの、やはり、披露宴というものは歴史が長いものですから、そのしきたりなどのルールは守るべきでしょう。

もちろん、今どきにはと思う人も多いとは思いますし、結婚式スピーチで頭を抱えて悩んでいると、「どうせ教会で式挙げるんだし…」とか「若い人の結婚だから気にしなくていいや」なんていう考える方もいるかもしれません。
しかし、結婚式のスピーチをめんどうくさい風習と考えずに、結婚する二人への最大限の気遣いと考えたらやはり素敵ないいスピーチがいいですよね。

結婚式のスピーチは御代はゼロ(無料)ですが、けしてこれはお金に代えることができない、最大の贈り物です。
これほどすばらしいものはないと思いませんか?

結婚式のスピーチで悩んだら、本でいろいろなスピーチ文例集がありますのでそれを参考に使ってもよいですし、結婚式用のことわざを引用するといいでしょう。

結婚式のことわざは端的に、新郎新婦へ贈る言葉となります。
簡単で覚えてもらい易いことわざであれば、一生の思い出、または新郎新婦の支えとなる言葉になるのでしないでしょうか。

ちょっとの心遣いが結婚式を素敵なものとしてくれますので、少しスパイス利かせてスピーチしてみてはいかがですか。
スポンサードリンク