結婚式の礼状の出し方 - 結婚ブライダル情報

スポンサードリンク

結婚後の礼状


結婚をした際には色々なお祝いを受けるものですが、その際にはお祝いに対して礼状を出すことが必要になります。

挨拶状や礼状には書き方にも決まったものがあります。

まずは結婚祝いをいただいた際にお返しする礼状についてですが、やはり品物などをいただいたら早い時期に礼状を返すのが良いでしょう。

お祝いをいただいた相手に返す礼状の内容としては、はじめに時候の挨拶をするのですがその際はなるべく自分の言葉で作成するようにします。

目上の人に対しては失礼になりますので前略などを使用するのは避けたほうが良いでしょう。

 時候の挨拶の文章頭としては1月から始まり「厳寒の候 新春を迎えて寒さも厳しくなってくる此の頃、、、」などから2月「余寒の候 節分のころですが窓を開け放つにはまだまだ寒さは抜け切らない此の頃、、、、」、3月「早春の候 桃の節句を迎えましたがこの地方では雪が残り春までもう一歩といったところです、、、」、4月では「陽春の候 花の色合いが美しく感じられるころになりました、、、」5月では「新緑の候 端午の節句にこいのぼりが空高くおよいでおります、、、」などの挨拶から始まり、内容としてはお祝いをいただいた感謝の気持ちをお礼として述べ、結婚した二人の喜びを伝えるようにします。

その際は新居などにも立ち寄るようにお願いするとよいでしょうし、相手にもよりますが友人などに対してはあまり気負いをしないで、自分なりの自然な表現を行うと良い礼状がかけるようです。

結婚式の礼状と挨拶

結婚の際の礼状には定まったきまりなどがあるようです。
電子メールや携帯電話が普及している現在ですが大切なご挨拶や改まってお礼をするときなどには手紙を使うとそのよさが発揮できます。
葉書や封書などに違いはないというものの、葉書は本来は略式ですので目上の方への挨拶状や礼状などは手紙などの封書にすると良いでしょう。
このときに贈り物類(お中元、お歳暮など)の送り状としては送られた人が気を使うことにもなりますので葉書で行ったほうが無難であるといえます。

 内容としては封書でも葉書であっても礼状は同じ構成にすると良いでしょう。
また、白い封筒の場合は不祝儀などには使えない場合もありますので注意してください。
結婚の際のお礼状の主なものとしては、まずは新婚旅行から帰ったときに両親のそれぞれに対して無事帰ったことを知らせると良いでしょう。
両親と同居している場合にも挨拶は行うと好印象を与えます。
新婚旅行のお土産などをもって仲人へも挨拶を行うようにします。
服装はきちんとしたものを着てゆくことが好ましいといえます。

 新居に移ったときは、早いうちに夫婦二人であいさつ回りに出かけましょう。

一戸建ての場合は向こう三軒両隣ぐらいに挨拶を行うのが良いでしょうし、マンションなどの場合は管理人さんを含め両隣と上下に住む住人に対して挨拶を行っておくと今後のお付き合いもスムーズに行くでしょう。

お祝い返しなどは内祝いの品などを一ヶ月以内に送ると良いとされます。
贈り物に困ったら、結婚式の引き出物などを送るのも良いとされます。
スポンサードリンク