結婚式当日の準備 - 結婚ブライダル情報

スポンサードリンク

結婚準備にかかせない写真、ビデオ


結婚式の記念撮影はプロカメラマンにすべてお任せ、といった方も多数いらっしゃいます。

結婚式当日のふたりの姿は一生の思い出となります。きれいな形として写真やビデオに残しておきたいものです。
婚礼衣装をつけての二人の記念撮影はプロのカメラマンにお願いしましょう。また親族や両親、仲人との写真も重要なものです。プロカメラマンにお願いしたほうがいいですね。

式場には写真室もあり、専属のプロが撮影してくれます。カメラマンを別に頼むことも可能ですがプラス料金がかかってくるので、ホテルの専属の方にお願いしたほうが無難でしょう。

室内での写真はどんな写真がいいか、何ポーズ欲しいか、プリントする枚数などを事前に伝えておく必要があります。
式場のパックプランの中には、写真撮影もオプションとして含まれている場合があります。

披露宴の様子はスナップ写真にするなど、区別して思い出に残しておくことをお勧めします。

写真の出来映えにこだわらなければ、出費をおさえることができます。プロにこだわらず、写真の上手な友人や親戚にお願いするのもいいですね。

ただし、撮影を頼まれた人は披露宴を楽しむことが出来なくなります。慌ただしく写真撮影に回るので気遣いが必要です。お礼は忘れずにしましょう。
デジタルカメラなど、今の時代、撮った写真を目で見ることが出来るので便利ですね。

アレンジしたような他とは少し違う写真を残したい場合は、ウエディングフォト専門の業者があるので、相談するといいでしょう。ただし式場によっては業者による撮影は不可の場合もあるので事前に式場に聞いてみてください。

モノクロやセピアで撮影したり、花嫁のメイク姿やこれまでの様子の裏側を、一日の流れをまとめた物など記念に残せる多彩なコースもあります。

挙式や披露宴の様子を収録し、バックに音楽などをつけて、編集してくれます。ビデオは式場に発注するのが一般的です。

写真やビデオはかなりの費用がかかります。
自分たちが一番思い出に残しておきたいものを、うまく選んでオーダーしてくださいね。

結婚準備での挙式当日の持ち物


挙式当日は何を持っていけばいいのでしょうか。

ホテルや式場で行う結婚式の場合、申し込み時点に必ず専属の担当者が付きます。指示にしたがって準備を進めれば挙式当日に慌てることもなく安心です。担当者の指示にしたがって、早めに用意することが大事です。

挙式が近くなるとさらに細かい所までフォローしてくれます。わからないことはこの時にすべて聞いてください。
一般のレストランで行われる披露宴の場合は、自分たちが管理しなければならない場合もあります。専属の担当者がいない場合は少し大変ですので、早めの準備を心がけて下さい。

当日は朝から忙しくなります。持ち物の用意は念入りに、前日には持ち物のチェックをしておきましょう。
ぎりぎりの前夜になって買い忘れに気付くことも少なくありません。1週間ぐらい前には揃えておくと残りの時間は違う準備に専念できます。

絶対に忘れてはならない持ち物は結婚指輪です。

そして衣装を着る際に必要な男性の靴下、女性は白ストッキング、下着など、和装の時は、必要な腰紐やタオルなどもあります。タオルの枚数は個人によって様々なので事前に確認してくださいね。衣装関係のチェックは必ず行いましょう。

私物のアクセサリーをドレスなどに使用する場合は、それらも忘れずにチェックして下さい。

式場からチェックリストが渡されますので、それを見ながらしっかり確認してくださいね。

引き出物や衣装など、式場以外から手配した場合は、時間の確認は必ずしておいて下さい。いつ式場に届くのか確認をいれておきましょう。

当日に、細かな仕事を頼んだ友人への挨拶も忘れないようにしましょう。
受付の仕事をお願いした友人には、来てもらう時間の確認は必ずして下さい。

式場への精算を当日行う場合はそお金の管理を誰が行うのかもしっかり決めておいてください。
家族にお願いするのが1番いいでしょう。

会場スタッフへの心付けを用意したりすることもあるので、せべてを含めて確認することをお勧めします。
スポンサードリンク