結婚前の健康のブライダルチェック - 結婚ブライダル情報

スポンサードリンク

結婚準備の前に知りたい和装メイク


結婚式の準備ではわからないことを調べておかなければなりません。
和装メイクや合わせるかつらなどは、普段の生活からかけ離れている慣れている分、不安やを持つのは当然ですね。和装の場合、白塗りのイメージが強く、敬遠する人も多いのが現状です。

しかし今の和装メイクは昔ながらの水おしろいを使う事は少なくなり、ドレスメイクと同様、ナチュラルなメイクに変わってきています。
昔の姿をそのまま表現したい場合は、おしろいを使う場合もあります。
白無垢などは事前にかつら合わせがあります。振袖は自髪で結うことも可能です。
メイクの仕方はそれぞれのシーンに合わせて違いが出てきます。
和装の場合でもメイクリハーサルが出来るので、担当者と相談しながら、メイクの色合い、チーク、その後のお色直しに繋がるようなメイクを、話し合いながら進めて行きましょう。

白無垢の場合のみ、髪型は文金高島田に限られます。昔からの決まりのようなものですね。
打掛けや振袖なら自髪でのセット、アレンジもOKです。
ただし、打掛けは衣装自体のボリュームを考えて、髪のセットがこじんまりしてしまうと、バランスが悪くなります。
付け髪や髪飾りを使ってアレンジすることにより髪型もカバーできます。衣装に似合ったボリュームを出してもらえるようにするといいですね。

最近はウィッグも着物に似合うように作られてあり、ショートヘアの人はもちろんですが、お色直しでのイメージチェンジには最適です。
白無垢の場合のみ、髪型は文金高島田に限られます。自髪で結うことも出来ますが、髪の長さはロングにしなければなりません。結構大変なことですね。

かつらと聞くといやなイメージもありますが、お色直しなどを考えると、やはり便利です。
かつらも、どれも同じように見えますが、髷の高さや鬢のはり具合は、その人の顔、頭の形によって似合違ってきます。髪飾りだけでも印象はがらりと変わります。

事前にかつらあわせが行われるのはそのためです。
また、人工毛や本髪など、かつらに使われている毛髪もさまざまです。現在花嫁用として使われているのは500g?600g程度の比較的軽い人工毛が多いようです。首や体にかかる負担も少ないので軽いものを選んだほうがいいでしょう。

ブライダルエステで結婚準備


綺麗な姿で結婚式がしたい。今、ブライダルエステが流行っていることはご存知でしょうか。
リフレッシュも兼ねてブライダルエステはとても人気があります。

白無垢やドレスなど、白をメインとして行われる結婚式は、女性が白い衣装を着る事がとても多く、肌の色が白い方が美しく似合います。準備期間中はなるべく日焼けをさけ、UV対策など、ホワイトニングの手入れはしっかり行いましょう。

そこでお勧め出来るのがブライダルエステです。プロによるエステは美肌の効果も早く、肌は美しくなり、化粧のりもよくなります。結婚準備中は慌ただしくなります。リフレッシュもかねて、ブライダルエステはお勧めです。
エステサロンによって、ブライダルコースが用意されているサロンもあります。

ホテルや式場内にもサロンが完備されてある所があります。

婚礼プランにエステが一緒に含まれていたり、割引特権や無料サービスなどが用意されている場合も多いです。結婚式の打ち合わせにホテルに出向いた際、エステも利用できるようになっているのでとても便利です。各挙式に聞いてみるのもいいでしょう。

顔だけでなく、腕や胸元の手入れも忘れてはいけない箇所です。

手と首はもちろん、胸元(デコルテ)の手入れも忘れずに行いましょう。

首は髪の毛をアップにした場合に目立ちます。胸元は大きく開いたデザインドレスを着る時に注意しましょう。綺麗にエステされた体は自分に自信がつき美しく着こなせることでしょう。

また、和装の場合のカツラ合わせはこの時期に行います。

カツラ合わせの後はヘアスタイルを極端に変えないようにして下さい。ヘアカラーも禁物です。

カツラが合わなくなる場合があるので、少しの間、美容室は我慢ですね。

また、結婚式間際に顔や襟足の産毛を剃る場合があります。肌の弱い人はカミソリ負けをした時に肌が赤くただれてしまうことがあるので直前は避けましょう。
余裕を見てお手入れをして下さいね。

結婚前に、健康のブライダルチェック


結婚前に、健康のブライダルチェックは必要なのでしょうか。
気にする人はお互いにブライダルチェックをしておくカップルも増えつつあります。

健康とは新生活をスタートさせるのに大切なことです。

ふたりの生活が穏やかで幸せであるためにいつまでも健康であることが幸せの条件とも言えます。

元気な暮らしが送れると自然に笑顔も出てくるものです。

一方が病気で寝込んでしまったら、もう一方には看病や介護など大きな負担がかかります。
妻が専業主婦の場合、夫が入院してしまったら収入の心配はもちろん、生活に困ることにもなりかねません。喧嘩も耐えなくなってしまうでしょう。幸せな毎日を過ごす基本として、健康管理はしっかりしておかなければいけませんね。

出産を控えた女性は特に、注意しなければなりません。
女性は、妊娠と出産、そして子育てがあります。結婚前に婦人科などの検査も行い、自分の身体についてよ調べておいた方が安心です。病院によってはブライダルチェックのコースがある所も増えてきました。
かかりつけの病院を見つけられれば、ますます安心です。

結婚後すぐに子供が欲しいと思っているなら検査にも時間と日数もかかるので早めの検査をお勧めします。

内容や費用はクリニックによって異なりますので、何件かの病院を調べて事前に確認してください。

また、妊娠中は歯の治療も大変です。薬なども制限されるので虫歯も完治させておきましょう。

結婚式直前は準備にあわただしく、病院に行く時間より、準備しなければいけないことがたくさん出てきます。時間的にゆとりのある時期に済ませておくことをお勧めします。

ブライダルチェックで行う検査は何をするのでしょう。主なものとして、貧血検査、血液検査、風疹抗体価検査、HIV(エイズ)検査、エックス線(レントゲン)検査、トキソプラズマ検査、B型肝炎抗体検査、
子宮卵巣部超音波検査、クラミジア検査、などがあります。

妊娠中女性の体は急激に変化します。貧血になりやすかったり、流産の恐れもあるので、必ず検査を受けましょう。
スポンサードリンク