結婚までの行事・手続き - 結婚ブライダル情報

スポンサードリンク

結婚準備の前に知りたい結納の基本知識


地域によって多少の違いはありますが、結婚式の前に行われる結納とはどんな形で行われるのでしょうか。

結婚するにあたって、いろいろな仕来りが出てきます。

本格的な結納の形は、まず仲人が男性家で結納品を受け取ります。
そして女性家に納めます。女性家では祝い膳を行い、仲人に結納返しを預けます。

今度は仲人が男性家に納めるようになります。結納品は両家が同じ数で揃えるのが一般的です。
事前に両家で話し合い、何品目にするか相談しましょう。

省略した数の結納品を送る場合がありますが、目録は省略せずにそのままです。

飾り台は、複数代が仕来りの地方もありますが、住宅事情によっては1台で済ませてしまうケースも多いようです。

略式結納とはどんな結納なのでしょうか。ここで略式結納について説明します。

女性側の自宅、料亭、ホテルやレストラン内の個室を使って、両家が一堂に会して行うことを略式結納と言います。婚約指輪をメインに行ったり、結納品は、略式品目で行ったりと、形は様々です。

最近は式場やホテルに付いているパックを利用するケースも増えてきました。

結納は地域による違いが多く、結納の進め方も様々なので両家の話し合いがとても重要です。

両家で仕来りが違うこともあり、話し合いでも解決されない場合は厳格な地域の方を優先してあげてください。特にどちらでも良いという場合は、一般的には男性側に合わせます。

結納品の交換で一般的なのが、男性側は婚約指輪、女性側は半額程度の腕時計や洋服等を送る場合が多く、女性側の結納返しは必ずしなければならないと言う決まりはありません。しかし記念品の交換として
デジタルカメラや、実用品、後々必要となる家電などは送ると喜ばれます。

きちんとした結納品を用意し、レストランで結納を行うことになっても、略式結納の扱いになります。
食事会では、結納品の交換をしなくても全く問題はありません。

結婚準備での仲人の依頼


仲人の以来はどうやって進めて行くのでしょうか。

仲人をお願いしたい人とは、自分たちが最も尊敬出来る方にお願いする場合がほとんどです。

勤め先の上司や恩師、日頃からお世話になっているご夫婦、新郎新婦にとってかかわりの深い方にお願いするのが一般的です。

仲人を依頼する場合、電話や手紙、口頭で最初に気持ちを伝え、その後あらためてふたりそろって自宅を訪問し、お願いしましょう。

仲人とは結婚を正式にまとめる人(夫婦)の事を言います。結婚する二人の間に立って頂く方々です。

別の呼び方で媒酌人とも言われます。

結婚準備の際、費用やお金について話を進めなければなりません。両家が直接話しにくいことや、結納の進行役など間に入ってまとめてくれる人が仲人です。

結婚式では披露宴に来ていただいた方に、仲人から新郎新婦の生い立ちや経歴などが紹介されます。
挙式の時は、仲人婦人は花嫁のそばについて、介添えをします。

結婚した後も、人生の先輩として、ふたりの力になってくれる存在です。

勤め先の上司や恩師といった、新郎新婦が日ごろからお世話のなっている先輩のご夫婦にお願いするのが一般的です。

お見合い結婚の場合まどは、ふたりを引き合わせた人に仲人をお願いする事が多いようです。

最近では、結納の儀式が簡略化されたり簡単に済ませてしまうことも少なくありません。結婚式当日だけ仲人をお願いするケースも増えて来ています。頼まれ仲人とも呼びます。

形だけの仲人さんなら頼まなくてもいいと、最初からない形として結婚式を執り行う場合もあるようです。

仲人をたてるか、たてないかは、自分たちだけでなく、それぞれの両親も交えてよく話し合ったほうがいいですね。

仲人を依頼する場合は、手紙や電話、口頭でまずその気持ちを伝え、あらためてふたりそろって自宅を訪問し、お願いしましょう。

仲人をたてない場合は、友人に司会をお願いしたり、式場のスタッフが司会進行を務める場合もあります。

最近ではこのようなケースも増えてきています。

結婚準備と結婚式の節約術


結婚式は自分たちでどこまで節約できるのでしょうか。節約できるなら費用を最小限度抑えたいものです。

結婚式や披露宴はちょっとした出費感覚で出来る事ではありません。かなりのお金がかかります。

例えば、セレモニー用のウエディングケーキ。このケーキを生ケーキに変更する事で料金がアップします。

せっかくの結婚式は、おしゃれでかわいい生ケーキが人気ですが、節約するポイントでもあります。

生ケーキになると、セレモニー用のウエディングケーキよりも大きさは小さく、見た目の派手さもセレモニー用のウエディングケーキと大きく違ってきます。特にこだわりがなければ、セレモニー用のウエディングケーキを選んだほうが節約にもなるでしょう。

ただし、節約するといっても、ケーキ入刀をした後、ゲストにケーキを出しますね。

ここでケーキを出さない方向にしてしまうことは避けたほうがいいでしょう。

自分が招待客の側に立った時のことを考えてください。ケーキは出されたら嬉しいものです。

お持ち帰り用のケーキを用意する場合は一つ350円くらいです。80名でも28000円。
ここは節約せずにお持ち帰り用のケーキを用意したほうがいいでしょう。

ランクをダウンさせる程度なら、招待客に気付かれない事もありますが、無いと誰でもわかるものです。

セレモニー用のケーキは、料金が3万5千円程度です。プラスお持ち帰り用ケーキが2万8千円前後。
合計で6万5千円くらいの料金になります。

生ケーキは、10万円前後が相場です。

約4万円節約出来てしまうのです。

ポイントとして、招待客にあからさまにわかる部分は節約しないほうがいいですね。

わからないようにそっと節約するのが上手な節約術です。

ケーキの部分で節約したり、ほかの所でも節約出来たら、浮いた分かすかな贅沢も出来てしまいます。

新婚旅行のグレードをあげることも可能になります。新生活にお金を回すのもいいですね。

上手なお金の使い方をしてくださいね。

結婚準備と結婚後のあいさつ


結婚前の準備は確かに大変ですが、結婚後もまだやらなければならない仕事(あいさつ)があります。

結婚式が終わり、新婚旅行に出かけて帰ってくると、今までの忙しさもなくなり、ホッと一息つきますよね。いよいよふたりでの生活がスタートします。しばらくは落ち着かないこともあるかもしれませんが、二人での生活の最初の出だしになります。
ここで忘れてはいけないことが結婚式の最後の締めくくりです。お世話になった方に、祝ってくれた友人にお礼のあいさつをします。

新婚旅行のお土産や写真を持ってあいさつに行きます。どの程度の金額や品物がよいかは各地域の習慣や
家により、考え方にも違いがあるので目上の方に話を聞いたり、両親に相談して決めることをお勧めします。
個性の強いものよりも、日常的で喜ばれる物の方が高額なものよりいいかもしてません。あまりに高額なものは、相手に気を遣わせることになるので考えながら選ぶようにしいてくだいさいね。

そして両親や家族、親戚、仲人夫妻へお世話になったお礼は必ずして下さい。

結婚式の時に祝電や花を送ってくれた人達もいます。受け取りました。と言う感謝の気持ちで連絡を忘れずにしましょう。もしふたりからの連絡がなかったら届いたかの確認も出来ず、送った方も心配することになります。大人の礼儀としてあたりまえの事です。

当日、お手伝いをしてくれた人にもお礼は忘れずにしましょう。

受付や写真撮影、二次会の幹事など、仕事をお願いした人達もいますね。
お礼に現金や品物を渡す場合もあります。友人であれば、自分たちの新居に食事に招待するなど、方法はさまざまです。

挨拶は相手に対して忘れてはいけない当たり前のことです。一人一人にお礼をするのは大変ですが結婚式を無事に終えることができたのも周りの方々の力もあるのです。

ステキな夫婦といわれるように、この先も頑張ってくださいね。

結婚準備はまず日取り設定から


結婚式の準備として日取りの設定は必ず最初にしなければならないことです。
季節や、曜日などカレンダーとスケジュールを照らし合わせながら決めて行きます。

結婚式にも人気の季節があります。気候の良い春と秋は人気が高く結婚式が集中する季節です。

日程になると大安の土曜日、日曜日、祝日。来ていただく方に配慮して連休など、日がいい時には最も集中します。

幸せな花嫁の象徴と言われるジューン・ブライド。6月に行われる結婚式は人気が高くどの式場も早くから予約が埋まってしまいます。早めに手配出来るようにした方がいいでしょう。
人気のある6月の季節は、日本は蒸し暑い露の時期に入ります。屋外でのパーティーは開放感もあり素敵な結婚式になりますがこの時期は避けたほうが無難です。

逆に結婚式が少ない季節が夏と冬。日取りは仏滅です。

オフシーズンなので安いプランが多数用意してある式場もあります。
結婚式の数が少ないので、直前の申し込みも可能な場合が多いでしょう。

お盆や年末年始は最も忙しい時期ですので、この時期の結婚式は避けた方が無難です。

ふたりを祝福してくれる方々への気配りは大事にしましょう。

結婚式の日取りは、昔のように大安や仏滅にこだわるカップルは減っているようです。しかし年配の方には日取りを気にする方もいらっしゃるので老親や家族と一緒に日取りの設定をした方がいいでしょう。

キリスト教の挙式の場合は考慮しなくてもよいとされています。日取りの考え方のルーツは中国を起源とした東洋から来ているようです。

時間帯によっては大安、仏滅以外の日にも、吉凶があります。
結婚式の開始時間を決めるときに参考に覚えておくと便利です。

大安の日はすべてが吉、先勝は午前中が吉、先負は午後からが吉、友引は朝晩が吉、理由としては友を引くと言われることから来ています。祝い事なら終日良い人されているようです。赤口は正午が吉、仏滅は祝い事は避けたほうがいいでしょう。

結婚準備のお日柄とは


結婚の準備やおめでたい席でよくお日柄と言う言葉を耳にしますが、お日柄は6つあります。
六輝、大安、友引、仏滅、先勝、先負、赤口。この6つをお日柄と言います。

8や6がつく日は末広がりで縁起がいいという理由から好まれますが、基本的には両家の話し合いで決定します。
大安の表す意味は何事にも終日吉とされ大変おめでたいことを意味します。
結婚の日取り、旅行や建築、開店などには最適な日とされています。

呼び名は「たいあん・だいあん」と言い挙式日の予約などが集中する為、予約を取る際は早めの方がいいでしょう。

大安に続く吉日を友引と言います。結婚式や結納などの慶び事には良いとされていますが、正午は凶とされます。呼び名は「ともびき・ゆういん」とも言われます。

先勝とは何事も急いで早く事を行うと幸運が舞い込む日とされて急用や訴訟などに良く午前は吉、午後は凶とされます。呼び名は「せんかち・せんしょう・さきかち」とも言われます。

挙式やお祝い事など午後から行うのが良い日とされるのが先負です。
先勝は午前ですが先負は逆に午後が吉とされます。呼び名は「せんまけ・せんぷ・さきまけ」とも言います。
一般的に厄日とされるのが赤口です。何事も避けたほうがいいとされる無難な日です。
正午のみが吉とされます。呼び名は「しゃっく・じゃっこう」とも言われます。

仏滅とは結婚式や祝い事などおめでたい席を避けたほうが良いとされている日です。
すべての催事は凶であると言われています。結婚式会場など空いていることが多いので、気にしない人は割引プランなどの得点もチェックしてみましょう。

また挙式、披露宴の日取りや準備は、1年から10ヶ月前には考えておいたほうがいいでしょう。
季節では穏やかな春や秋、日取りは大安吉日、また、来賓の方々に来ていただく際、
都合の付きやすい土・日・祝日などに予約が集中します。

自分だけの素敵な結婚式にする為に、準備は早めに行い、希望の季節や日取りがあったら、なるべく早く式場に連絡し準備に取り掛かることをお勧めします。
スポンサードリンク