結婚式招待状の返信の仕方 - 結婚ブライダル情報

スポンサードリンク

結婚式招待状の欠席の場合


結婚式の招待状をもらうことは、とても喜ばしいことです。
しかし、大事な用事や、怪我などと重なった場合など、どうしても結婚式に出席できなくなった場合には、やむをえず欠席しなければならない場合もあります。
その際の、招待状の返信の仕方について説明します。

結婚式を欠席する場合にも、返信のはがきはもちろん出します。
まずは、受け取る側に対する敬語を消しましょう。
そして、欠席する場合には、「御欠席」の文字の「御」を斜線または二重線で消し、「欠席」の文字を丸で囲みます。
「御出席」も同様に、斜線または二重線で消しましょう。
住所や名前を記入する欄の「御芳名」や「御住所」の「御芳」や「御」の文字も斜線または二重線で消します。
丸で囲んだ「欠席」の文字の後に「させて頂きます。」など付けるとより丁寧な表現になります。
余白には、欠席の理由と祝福のメッセージを添えましょう。

欠席の理由の書き方ですが、仕事や家庭の事情の場合には・・・
できる限り、具体的に欠席の理由を書くようにしましょう。
「忙しいので・・・」という理由は相手に対して、大変失礼なので、使わないでくださいね。

また、不幸があって、重なってしまった場合には・・・
結婚式の招待状に、はっきりと理由を書かないようにしてください。
詳しい理由は、結婚式がおわってから伝えましょう。

ほかの結婚式と重なってしまった場合にも、理由ははっきりと書かない方がいいです。
でも、結婚式当日までに式場に届くように、祝電などを送るのもいいと思います。

結婚式招待状の返信はがき

招待状の返信はがきの書き方について説明します。

まずは表面から説明します。
・宛名のしたに「行」とかいてあると思います。その文字を×印や黒く塗りつぶすのではなく、斜線または二重線か、寿という文字で消して「様」に書き直してください。
※(備考)定規を使うとキレイな線を引くことができます。
※(備考)ブルーやグレーのインクは使わず、黒で書きましょう。

次に裏面です。
○出席の場合
・「出席」の2文字を丸で囲みます。
・受取った人への敬語である「御」の文字は、斜線または二重線か寿の文字で消しましょう。
※「御住所」「御芳名」の「御」「御芳」も受取った人への敬語です。
・「御欠席」の文字を斜線または二重線か寿の文字で消します。
・余白には、祝福のメッセージを書き添えましょう。
※招待してくれたことに対してのお礼のメッセージも書き添えると尚いいでしょう。

○欠席の場合
・「欠席」の2文字を丸で囲みます。
・受取った人への敬語である「御」の文字は、斜線または二重線か寿の文字で消しましょう。
※「御住所」「御芳名」の「御」「御芳」も受取った人への敬語です。
・「御出席」の文字を斜線または二重線か寿の文字で消します。
・余白には、祝福のメッセージを書き添えましょう。
※欠席の理由を簡単に書き添えると尚いいでしょう。

出席するにしても、欠席するにしても返信のはがきをだすのはマナーなので、必ずだしましょう。

結婚式招待状の返信例


手紙の形式について説明します。
前文は・・・
・頭語・・・「つつしんで申し上げます」という意味の言葉で「拝啓」「謹啓」などがよく使われます。
・時候のあいさつ・・・季節のあいさつです。暦によっていろいろありますので注意してください。
・安否のあいさつ・・・相手の具合を尋ねる内容を書きます。自分のことは書く必要はありません。

主文は・・・
・「さて」「このたび」などの用件にはいるためのことばを使って本題に入ります。
 ここで結婚することや、相手を招待することなどを伝えます。
 日時や場所などの詳細は手紙の終わりにまとめて書いた方がわかりやすいので、ここでは書かないでください。

末文は・・・
・結びのあいさつや「敬具」などの結語になる言葉を書きます。

後付けは・・・
・招待状を出す日付と差出人の氏名を書きます。
 日付を書くときには、○月○日と書くのではなく、○月吉日と書きます。

結婚式の招待状の返信用はがきに書く内容について説明します。
結婚式の招待状の返信用のはがきは、受け取る側が、結婚式に出席できるかできないかを知るためのものです。
ですから、「出席」「欠席」「住所」「氏名」さえわかればよいのです。

返信先は、新郎側の招待客は新郎宛て、新婦側の招待客は新婦宛てにしましょう。

また、スピーチや余興をお願いする人には、カードなどを添えて、お願いする旨をつたえましょう。
しかし、お願いするときには、招待状にカードを同封する前に直接お願いした方がよいです。

結婚式招待状の素敵な返信の仕方


結婚式の招待状に限ってできる、素敵な方法があります。
結婚式の招待状を受け取る側への敬語(例えば「御」という文字)の消し方です。
一般的には、黒のインクで斜線または二重線で文字を消します。
しかし、おしゃれな方法もあります。
文字を消すための斜線または二重線の代わりに、文字の上から「寿」と書く方法です。
年配の方がよく使う方法です。
また、「寿」という文字を書くにしても、黒のボールペンではなく、赤のボールペンで書いた方がお祝いっぽい雰囲気になります。
また、「出席」の文字の前に、「喜んで」と一言書き添えたり、「出席」の文字の下に「させていただきます」などと書き添えたりするのも良いです。
お祝いの気持ちが伝わると思います。
ただ、「出席」の文字を丸で囲むよりも気持ちが伝わると思います。

結婚式の招待状の返信は、正式には毛筆または黒インクの万年筆で書きます。
書きなれていなければ、ボールペンでもかまいません。
また、かわいらしいからといってカラフルなものはマナー違反です。

また、不祝儀で使う「グレー」は使わないようにしてくださいね。

ちょっと手間を加えるだけで、おしゃれで、なおかつ、祝福する気持ちが伝わる返信になります。
頭の隅にでも覚えておいてくださいね。

結婚式招待状の返し方

結婚式の招待状が届いたら、出席するにしても、欠席するにしても返信はなるべく早くしなくてはなりません。

結婚式、披露宴の招待状には、だいたい、返信用はがきが同封されていると思います。
出席するにしても、欠席するにしても、返信はがきは必ず出すのがマナーです。

主催者側である新郎および新婦は、返信はがきで出席と欠席の確認をした後で披露宴の席次や席札、引出物などを準備しなくてはならないのです。

なので、できるだけ早く返信してください。
しかし、欠席の場合は、すぐにではなく、数日おいてから返信してくださいね。

出席できなかったときには、式の当日に式場に届くように、祝電をうつのもいいでしょう。
祝電の予約は、配達する日の1ヶ月まえから可能なので、ぜひ、祝福のメッセージを送ってくださいね。

また、はがきには、受けとる相手に対しての敬語が使われています。
たとえば、「御出席」の文字は、「御」という文字は斜線または二重線で消して、「出席」の2文字を丸で囲んでください。
また、表の「行」という文字も、斜線または二重線で消して、「様」に書き直してくださいね。

出席の場合には、お礼の言葉を添えればいいのですが、問題は、欠席の場合です。
よっぽど重要な用事がない限りは出席してくださいね。
入学式や卒業式や、家族の大事な用事などと重なってしまった場合には、お祝いのメッセージと欠席の理由を簡単に書き添えてください。
また、不幸で欠席する場合には、理由をはっきりいわずに、数日後に欠席の旨を伝える返信はがきをだしてください。

書き方の説明をします。

・宛て名の「行」という文字を斜線または二重線か、寿という文字で消して「様」に直します。
・出席、欠席のどちらか一方を選んで丸で囲みます。もう一方の文字(丸で囲まなかった方)は斜線または二重線か、寿という文字で消します。
・「御」などの受け取る側に対する敬語も斜線または二重線か、寿という文字で消します。
・余白には、出席の場合には、祝福のメッセージと、招待してくれたお礼のメッセージを書き添えてください。
・欠席の場合には、祝福のメッセージと、欠席の理由を簡単に書き添えてください。

結婚式招待状の返事のマナー


結婚式の招待状の出席・欠席の返事をする際のマナーです。
結婚式の招待状の裏面には「御出席」「御欠席」の文字が並んでいると思います。
出席する場合には、受け取る側に対する敬語である「御」と「御欠席」の文字を縦の線1本で消してから返信します。
また、「出席」の文字の上に「喜んで」や、「出席」の下に「させていただきます。」と書くとより丁寧さが増します。
「御住所」、「御芳名」と書いてある場合には、「御」や「御芳」の文字を縦の1本線で消してください。
また、「御」や「御芳」の文字の上に、「寿」と書いて消す場合もあります。
そして、祝福の言葉、招待してもらったお礼の言葉、返事を書き添えると、気持ちがより伝わるでしょう。

また、結婚式の内容についてですが、結婚式では、思い出に残る演出をしたいものです。
シャボン玉での入場。フラワーシャワー。バブルシャワー。現代版のお水あわせであるアクアブルー。
もちつき。サプライズ企画。キャンドルサービスなどの演出もそのひとつです。

自分の納得のいく演出で、人生最大のイベントを最高のものにしたいですね。

また、最近では、陣内智則さんと、藤原紀香さんの披露宴で、陣内さんが紀香さんのために、コブクロの「永遠にともに」を弾き語りしました。
サプライズの演出で、みんなが感動していました。
そんな素敵な演出もいいですね。

また、チャペルで挙式をする人や、神前式だけれども、結髪にするなど、昔の結婚式とはだいぶ変わってきました。
自分たちだけのオリジナル・ウェディングっていいですね。
スポンサードリンク