結婚式招待状の工夫 - 結婚ブライダル情報

スポンサードリンク

結婚式二次会の招待状


結婚式の二次会の招待状について説明します。
結婚式の二次会の主催者が友人の場合には、招待状は形式にとらわれなくても大丈夫だと思います。
しかし、出欠の確認に時間がかかってしまいます。
なので、早めに郵送しましょう。

結婚式の二次会の主催者が友人だった場合には、親しい友人を招くことがメインになります。
格式ばった招待状ではなくても、カジュアルな招待状でも、まったく問題はありません。
 
その際の内容ですが、
・日時
・場所
・会費
・返信期日
・幹事の名前
などを書くようにしましょう。

結婚式の二次会の招待状の返信についてですが、結婚式の招待状と同様に、2ヶ月前には発送して、1ヶ月前に返信期日にしたほうがよいでしょう。
最近では、はがきではなく、ホームページやメールを利用して二次会の案内を出す場合もあるようです。

また、挙式当日に、小さな紙などに、ちらしのような形式や、メッセージカードのようなものに結婚式の二次会の案内を書いて、出席者に配る場合もあります。
しかし、当日だと、用事がある人がいたりもします。
また、出席できる人数もぎりぎりまで把握できません。
なので、できれば事前に、二次会の案内も発送しておいた方がいいかもしれませんね。

二次会は、結婚式とは違って、新郎新婦との距離も近いし、フレンドリーです。
新郎新婦とたくさんはなせる機会でもあります。
また、盛り上がる場所でもあります。
二次会は楽しいに越したことはありませんね。

結婚式招待状作りの一工夫


結婚式の招待状は、最近では手作りする人が増えています。
ちょっと前までは、結婚式場にあった結婚式の招待状のカタログなどから選んだりしていました。
もちろん、文面もカタログから選んで、宛名も印刷してもらったりしていました。

しかし、今では、オリジナル・ウエディングを希望する人が多く、招待状も手作りするようになりました。

結婚式の招待状を自分で作るのは確かに大変です。
でも、人生最高のイベントなので、少しくらい大変でもしっかりやり遂げたいものですよね。

文面もデザインも考えなければなりません。
でも、きっと、結婚式当日のことを考えながら作れば、楽しく作れると思います。

字などに自信がない場合には、パソコンで作ってもいいと思います。
また、ほかの人の作品などを参考にして、いいとこ取りの招待状を作ってもいいと思います。

招待状作りをする際に必要なものは以下のとおりです。

○必要なもの
・招待状・・・・・・・表紙と文面を印刷した中紙
・返信用のはがき・・・ご出席、ご欠席のお返事をもらうために必要です
・カード(付箋)・・・・挙式に参列してもらう方や、祝辞や余興をお願いする方に添えます
・封筒・・・・・・・・招待状を入れるためです
・シール・・・・・・・封筒を閉じるためです

素敵な招待状ができるといいですね。
手作りのよさは、自分の好きなようにつくれること、そして、相手に気持ちが伝わることです。
納得のいく招待状を作ってくださいね。
スポンサードリンク