結婚式スピーチのタブー - 結婚ブライダル情報

スポンサードリンク

結婚式スピーチのタブー


結婚式でのスピーチは往々にしてつまらない。

と思っている人も多いはず。

みんなが言うのは同じことばかり。
「新郎の○○さんは?、人柄も良く?・・・会社では非常に人望もあり?」
そんなのはつまらないから、俺が(私が)ひとつ何か面白いスピーチで盛り上げてやろう!

スピーチを頼まれてそう思う人もいますよね。
確かに皆がいいそうなことは避ける、というのもスピーチ成功のもとのひとつです。
しかし、結婚式では避けなければいけない言葉・話題というものがあります。
たとえば再婚の場合、
「離婚したときは本当に色々もめて大変だったけれど・・・今度こそ幸せになってちょうだい!!」

・・・ん?色々って?
・・・・今度こそって・・・どういうこと!?
そう思って不快に感じてしまう新郎新婦ももちろんいます。
そこで、結婚式のスピーチで気をつけなくてはならないことをいくつか挙げてみようと思います。

「早く2人の愛の結晶を・・・」
→家族のあり方が多様化してきた現代においてこのような言葉は余計なお世話ととられることも。

「こんなに若くて大丈夫なのかと心配になりますが・・・」
 →若いけれどもしっかりしている、というふうに言い換えましょう。

「ようやくこの話がまとまり・・・」
 →晩婚の場合、「この方に会うために今まで待っていた」などという方が良いです。

「なんと2人はできちゃった婚で・・・」
 →わざわざ言う必要のないことは避けましょう。

「姉さん女房」
 →年齢に触れるようなことはあまり好ましくありません。

これらのことを踏まえ、十分に気をつけた上であなたなりのスピーチを考えてみたらいかがでしょうか?
新郎・新婦の幸せの門出を心から祝福し、結婚式を素敵なものにしてあげましょう!
ここは記事下のフリースペースです
スポンサードリンク