結婚式のスピーチでのたとえ - 結婚ブライダル情報

スポンサードリンク

結婚式のスピーチでのたとえ


結婚式でよく花嫁を花にたとえてスピーチをすることがありますが、場合によっては花言葉があまりよくない意味のときもあります。

その花言葉の例としては、ひまわりがあります。

ひまわりは人の名前にも使われていたり。
すくすくと太陽に向かってのび、明るく丈夫なイメージがありますが、ひまわりの花言葉には高慢という意味があります。

他にはひまわりの花言葉には愛慕、憧れと言った良い意味もあるのですが、花に詳しい人には抵抗があるかもしれませんね。

もちろん、ひまわりは結婚式で使われたりもするのですが、どうしても抵抗のある方は「花のようにキレイな○○○さん」と言うぐらいに抑えた方が無難であるでしょう。
どうしても花の名前を使いたい方はしっかりと調べて使ってください。

もうひとつ、結婚式のスピーチで注意したいことは、相手の立場を考えるということです。

たとえば、最近は再婚で結婚式を挙げるという方も多く、特に珍しいことではないのですが、結婚式のスピーチで再婚というキーワードを使うのは考えものです。

また、再婚という意味で、今度の結婚という言葉を使うこともあまり好ましくありません。
あとは年の差を強調して言う言い方、姉さん女房や親子ほど年の差が離れていてという相手が気にしたりする言葉は使わないようにしましょう。

また、相手を思うことと同様に相手の肩書きを出すことも控えておいたほうが無難です。

いろいろな役職についている方はそういう言葉も出したいとは思いますが、新郎新婦にはそういったことは関係ないことです。
ここは記事下のフリースペースです
スポンサードリンク