結婚式の乾杯の音頭のスピーチの文例 - 結婚ブライダル情報

スポンサードリンク

結婚式の乾杯の音頭のスピーチの文例


結婚式の披露宴で行う乾杯の音頭をとる場合の流れは次のようなものが一般的です。

司会者から乾杯をする旨の案内と説明を受ける

新郎新婦をはじめ、列席者全員が起立する

新郎新婦、列席者全員がグラスを手に取る(シャンパンの場合がほとんど)

依頼を受けた列席者の代表が乾杯の音頭をとる

代表者の「乾杯!」の掛け声に続き列席者も「乾杯!」と唱和し目線の高さ程度にグラスを揚げる

自分の周囲の人と軽くグラスを当てるか近づけてからグラスに口をつける(飲む形だけでもOK)

グラスをテーブルに置き新郎新婦に向い拍手する

結婚式の披露宴で乾杯の音頭をとる際のスピーチは短くスッキリと以下のような感じにまとめます
これに自分の思いなどを少し付け足すなどしても良いでしょう。

◆スピーチ例1

「ただいまご紹介に預かりました××でございます。

はなはだ僭越(せんえつ)ではございますが、ご指名を頂戴しましたので、乾杯の音頭をとらせて頂きます。

新郎新婦の末永いお幸せと、ご両家並びにご臨席の皆様方のご多幸とご繁栄をお祈り致しまして、乾杯を致したいと存じます。

では、ご唱和をお願いします。
お二人とご両家のお幸せを祈念致しまして「乾杯!」

どうもありがとうございました。」

◆スピーチ例2

「ただいまご紹介に預かりました××でございます。○○君、○○さん本日は誠におめでとうございます。

僣越ではございますが、ご指名により乾杯の音頭をとらせて頂きます。

では、ご唱和をお願いします。
お二人のご結婚を祝し、末永き幸福と○○家、□□家のご両家の幾久しいご繁栄をお祈りしまして「乾杯!」

どうもありがとうございました。」
ここは記事下のフリースペースです
スポンサードリンク