結婚式のスピーチをうまくまとめるコツ - 結婚ブライダル情報

スポンサードリンク

結婚式のスピーチをうまくまとめるコツ


結婚式の披露宴のスピーチは何人かの方が依頼されます。
お祝いしてあげたい気持ちからくるものでしょうが、あまり一人で長々と話すのも考え物です。

面白おかしくスピーチをして場を盛り上げようとする意図が感じられる方もいらっしゃいますが、それもあまりにも中身が薄かったり、ギャグを盛込みすぎるとかえって場がシラけてしまいます。
それに両家のご両親や親族に対し失礼になってしまう事もあります。

舞い上がりすぎて支離滅裂なスピーチにならないようにうまくまとめるコツはどういったところにあるのでしょうか。

新郎新婦に喜んでもらえて、列席者にも好印象を与える結婚式の披露宴のスピーチはこんな感じにまとめるとすっきりしたものになります。

結婚式の披露宴のスピーチの時間は、大体3分程度、長くても5分位にはまとめます。
聞く側がもうちょっと聞きたいと思うくらいの感じでまとめるのがポイントです。

そして紹介したいエピソードがいくつもあったとしても、あれもこれもと話していてはまとまりがないスピーチになってしまいます。
たくさんあるエピソードの中で「これは」と思うものを1つか2つ選んで簡潔にまとめましょう。

話の進め方としては、「○○さんとの懐かしい思い出はたくさんありますが、中でも一番思い出に残っている事は(1つめ)です。
また、こんな出来事もありました。(2つめ)」といった感じになります。

結婚式の披露宴のスピーチを組立てる時は、それぞれの骨組みを1分ずつ程度にまとめ、それに少しずつ肉付けをしながら全体が3分程度におさまるようにまとめると上手くいきます。
ここは記事下のフリースペースです
スポンサードリンク