結婚式のスピーチの言葉 - 結婚ブライダル情報

スポンサードリンク

結婚式のスピーチの言葉


結婚式のスピーチは、新郎新婦への最大の贈り物ですが、言葉によってはふさわしくない言葉とされている言葉が多くあります。
意外と知られていないので、少しご紹介します。
結婚式のスピーチのときに注意する忌み言葉では、飽きる、あせる、薄い、終わる、浅い、帰る、返す、かさねがさね、重ねる、悲しむ、嫌う、切れるなどがあります。

終わるや切れるという言葉はよくないとみんなが知っている言葉ではありますが、かさねがさねや重ねるという言葉も忌み言葉とは知られていないこともありますね。
また、他の忌み言葉には、去る、たびたび、壊れる、とんでもない、ではまた、流れる、冷える、放れる、再びなどがあります。
これがすべての忌み言葉ではないので、スピーチ原稿ができたら、言葉は適切か今一度調べてからスピーチ内容を検討しましょう。
これらの言葉は何気なく使ってすることが多いので結婚式のスピーチでは言い換えなければなりません。

そこで便利な言い換えのテクニックを紹介しますと同義語に言い換えることが、忌み言葉を避けることになります。

その例としては終わりになりましたがを結びにとか、帰るを帰宅する、帰省するなどと視点を変えて言い換えるとうまく表現できるようになります。

その他の例では家を出るは一人暮らしを始めて、などとすると結構言葉が浮かんでくると思います。
このテクニックを知っていれば、それほど悩むこともないと思うので参考にしてみてください。
ここは記事下のフリースペースです
スポンサードリンク