結婚式・新婦のスピーチ - 結婚ブライダル情報

スポンサードリンク

結婚式・新婦のスピーチ


みなさん誰でも一度は結婚式に出席したことがあるのではないでしょうか。
まだ出席した経験がないという人でもテレビのドラマなんかで結婚式のシーンは見たことがあると思います。

結婚式の最後に必ず新郎・新婦のスピーチがありますよね。
「お父さん、お母さん・・・・今まで育ててくれて、本当にありがとう・・・。」
新婦が途中で言葉に詰まり、泣き始める。
そっと新婦の肩を抱く新郎。
頑固一徹、初めは新郎に向かって「キサマなんぞにウチの娘がやれるかぁ?!」などと叫んでいた新婦の父も、娘の言葉にそっと目頭をおさえる。

そうそう、よく見るアレですね。

さて、新郎のスピーチと違い、新婦の行うスピーチには決まりきった定石といったものはありません。
しかし、自分を育ててくれた両親に対する感謝の気持ちを表す、というのが一般的であると思われます。

感謝の気持ちを表すと同時に、今まで言えなかったことなどをスピーチの中に盛り込むのもよいでしょう。

「お母さん、ごめんなさい。あの時お母さんのへそくりを使ったのは実は私なの」

・・・・
・・・・・・・
いえいえ、違います。

「お母さん、私、どうしてもあの時は反抗してしまって言えなかった。でも今なら言える。ありがとう。」
これです。これ。

そしてここで何よりも大切なのは、自分の素直な言葉で気持ちを表すということだと思います。
心の奥底から出た言葉は、人の心の奥底に響き、そして残るものです。

結婚式最後の新婦のスピーチは結婚式の最高のイベントのうちの一つです。

涙は感動のバロメーター。
幸せな涙は、会場全体をやさしく暖かく包みます。
感謝の気持ちを綴ったスピーチで、ご両親初め列席の皆さんを大いに泣かせてしまいましょう。
ここは記事下のフリースペースです
スポンサードリンク