結婚式・新郎のスピーチ - 結婚ブライダル情報

スポンサードリンク

結婚式・新郎のスピーチ


幸せな2人の晴れの門出である結婚式。
その結婚式のラストを飾るのが新郎と新婦のスピーチです。

新婦のスピーチに感動のあまり号泣する新婦の父。
「おとうさん、ホラ、しっかりしてくださいよ。」といってハンカチを差し出す新婦の母。
会場全体が感動に包まれる瞬間です。

新婦のスピーチにはこれといった決まりがなく、両親に対する感謝の気持ちを述べるといのが普通です。
それとは対照的に、新郎のスピーチは作るのが難しいといったイメージがありませんか?

「ああ、明日が結婚式なのに、俺はまだスピーチの原稿を考えていないぞ、どうしよう・・・・」
一体何を言ったらいいんだろうかと考えて、式前日に慌ててしまう方もきっといるのではないでしょうか。
しかし新郎のスピーチには定石があり、その定石に従えばスピーチの原稿は簡単に作ることが出来るのです。

新郎のスピーチには次のことを盛り込むのが一応の決まりとなっています。

1.自己紹介。
2.列席者へのお礼とあいさつ。
3.時候の挨拶。
4.祝辞に対する感謝の言葉。
5.媒酌人と列席者に対する感謝の言葉。
6.結婚披露宴の感想。
7.パートナー(新婦)の紹介。
8.列席者へのご指導、ご鞭撻のお願い。
9.新郎・新婦の挙式後の生活について。
10.結びの言葉。

これらに沿ってスピーチ原稿を作れば比較的簡単に仕上げることができます。
これで挙式前日に焦らなくてもいいというわけです。

少し堅苦しいかな?と感じたら、これらの10の項目を基本として、それに自分で工夫した文章を付け加えてオリジナリティーを出すのも良いでしょう。
ここは記事下のフリースペースです
スポンサードリンク